沖縄でフォトスタジオをお探しの方におすすめ!口コミで人気の写真館を厳選してご紹介しています。

七五三の前撮りをするメリット・おすすめの時期・後悔しないためのポイント

公開日:2021/04/26  最終更新日:2021/05/07


かつて七五三といえば、11月15日にお参りし、その後写真スタジオで記念撮影を行うのが一般的でした。しかし、近年では混雑を避けるために記念撮影だけ先に済ませ、11月前後にお参りに行く家庭が増えています。この記事では、七五三の前撮りをするメリットと後悔しないためのポイントを紹介しましょう。前撮りを予定している人は参考にしてください。

七五三の前撮りをするメリット

前撮りをするメリットは主に3つあります。どのようなメリットがあるのか、それぞれ順番に紹介しましょう。

余裕を持つことで選択肢が多く持てる

お参りが11月前後なのに対して、前撮りは4~10月の間に行われることが多いようです。長いスパンで日時を調整できるので、万が一予約した日に子どもが体調を崩したり、急な予定が入ったりした場合にもスケジュールを変更できます。写真スタジオによりますが、シーズン毎に料金や特典が変化することが多いでしょう。魅力的でお得なプランが多数用意されているため、自分たちに合った好きなものを選べます。

素敵な笑顔を引き出すために、子どもの負担を軽減

お参りと記念撮影が同じ日になると子どもの体力にとても負担がかかります。着慣れない着物や袴などの和装を朝から夕方まで着て過ごすのは大人でも体力を消耗します。ましてや3~5歳くらいの子どもとなると体力も集中力もなかなか続きません。子どもの記念に残る笑顔を引き出すためにもお参りと記念撮影は別々にすることをおすすめします。

お参り前に子どもが着物に慣れることができる

子どもにとっては慣れない着物を着たり、じっと大人しく過ごしたりすることは、大人が考える以上に大きなストレスがかかってしまいます。緊張するのはもちろん、知らない大人と接することから、怯えて泣き出してしまう子もいるようです。

しかし、前撮りをすることで「お参り前に着付けに慣れる」というメリットがあります。とくに、写真スタジオで楽しく撮影してもらった子どもは、お参りの日も機嫌を損ねることは少ないようです。そのため、お参りの日の予行演習にもなるでしょう。

七五三の前撮りをするおすすめの時期

前撮りのシーズンは4~10月ですが、時期が長いため「結局いつがベストなのか?」と迷う人も多いかもしれません。そのような人のために、前撮りの月別のメリット・デメリットを紹介します。

45

一番のメリットは、予約が取りやすいことです。この時期に前撮りを希望する家族はまだ少ないため、自分たちの好きな日を選べる可能性が高まります。さらに料金がリーズナブルで、特典の多いプランも複数用意されている時期だといえるでしょう。デメリットは、入園・入学および端午の節句の時期にかかると、予約が取りづらくなってしまう点です。

6

この時期も、まだ七五三の前撮りを希望する家族は少ないため、予約が取りやすくなっています。さらに料金が安く、プランも充実している傾向にあるようです。ただし、梅雨の時期にさしかかることから、どうしても雨の日が多くなってしまいます。そのため照明を使わない、自然光を活かしたタイプの写真スタジオを利用する場合は、天候に注意が必要です。また、スタジオと家を行き来する際に、子どもが体調を崩さないように気をつけましょう。

78

この時期もまだ料金が安く、プランが充実しているためお得だといえます。そして一番の魅力は、子どもが夏休み期間のため、気持ちの面でも余裕を持って撮影に臨めることでしょう。梅雨が明けて晴れの日が続くことが多いため、スタジオに向かう途中で濡れてしまう心配もありません。しかし、日差しの強い時期なので子どもの日焼けに注意が必要です。とくに女の子は日焼けを気にする子が多いので、気をつけましょう。

910

スケジュールに余裕を持って写真を撮りたいなら、9月前半が最後のチャンスとなるでしょう。9月後半から少しずつ「駆け込み」のような形で前撮りを希望する家族が増え始め、毎年混雑していきます。そのためスケジュールの調整をしにくくなる点が、この時期に前撮りするデメリットです。メリットは本来のお参りの時期に近いことでしょう。

間を空けないことで、子どもが着付けに慣れることができます。また、撮影が楽しい思い出として記憶に残っていれば、「衣装を着る=楽しいことがある」という気持ちになり、お参り当日も進んで行動してくれるかもしれません。

七五三の前撮りで後悔しないためのポイント

前撮りは本来なら喜ばしいイベントですが、なかには「こんなはずではなかった」と後悔してしまう保護者もいるようです。周囲の家庭の失敗談を参考にしつつ、七五三の前撮りで後悔しないよう事前にしっかり準備を進めましょう。

緊張・ぐずり対策を考えておけばよかった

小さい子どもは慣れない環境に緊張して表情が硬くなったり、ぐずったりしてしまうのはよくあることです。そのような時のために、子どもがいつも遊んでいるおもちゃやぬいぐるみなどを持参しましょう。見慣れた物が近くにあることで、リラックスさせられるかもしれません。また、「お腹が空くと不機嫌になる」という子どもの場合は、片手でつまめるお菓子をあらかじめ用意しておくこともおすすめです。

親子だけでお祝いすればよかった

「初孫だから気になるだろう、と思って祖母に連絡したら、勝手に写真スタジオを決められてしまった」「娘はドレスを希望したのに、七五三だから着物じゃないとダメだ!と祖父に怒られた」など、気を遣ったはずなのにトラブルに発展してしまったケースもあるようです。今後の親戚付き合いがギクシャクする原因にもなりかねないので、義理の両親が相手だと強くいえない人も多いでしょう。

そのため、「誰とお祝いをするか」ということは、事前に決めておいた方がよさそうです。子どもが希望する衣装を着て撮影に臨めるよう、柔軟に対応してくれる相手と一緒に過ごすことをおすすめします。

3歳過ぎてからやればよかった

「3歳を過ぎてからお祝いすればよかった」と後悔している保護者も一定数います。七五三は数え年でお祝いするため、本来は2歳でお参りや記念撮影を行うものです。慣習を重んじるなら、「数えで3歳の時にやってあげたい」と考える保護者がほとんどでしょう。

しかし、“魔の2歳児”という言葉があるように、2歳といえばイヤイヤ期に差し掛かっているケースが多いようです。普段の着替えや食事、お風呂など、日常生活でも苦労させられることが絶えない時期でしょう。そのため「着物を着せようとしたのに、嫌がって暴れてダメだった」「まだ小さいから写真スタジオのスタッフの指示が理解できず、思うようにポーズを取ってくれなかった」、「着物で締め付けが苦しかったのか、写真を撮るのがしんどそうだった」と後悔している声が散見されます。

必ず数え年にお祝いしないといけないという決まりがあるわけではないので、落ち着いた状態で記念撮影をしたいなら、時期を遅らせるのも方法の1つです。

 

ここまで七五三の前撮りをするメリット、おすすめの時期、後悔しないためのポイントについて紹介してきました。可愛らしい衣装を着て、子どもの成長を実感できるのが七五三の最大の魅力です。ステキな思い出を残し、後々笑顔で当時のことを振り返れるようにするためにも、事前にしっかり予定を立てて準備することが重要だといえるでしょう。

おすすめフォトスタジオ・写真館

イメージ
会社名スタジオチャーリースタジオマリオスタジオアリスれもん館リオスタジオ
特徴華やかな一枚が撮れるスタジオと衣装のラインナップ写真専門店系列スタジオの安心感・高品質人気衣装や新作衣装も!各店舗500着以上を用意ドレス、着ぐるみなど幅広いラインナップの衣装を選べる子どもを笑顔にする達人のカメラマンたちが撮影
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索